リハビリテーション科

運動器系(整形外科疾患でリハビリが必要な方)と脳血管系(整形外科疾患以外でリハビリの必要な方)で診療時間が異なります。

運動器系

※日曜、祝日はお休みとなります。

午前
9:00~12:30


午後
16:00~17:30




脳血管系

※日曜、祝日はお休みとなります。

午前
9:00~12:30
午後
14:00~17:30

14:00~15:00

地域に根ざしたリハビリテーションの提供を目指して

施設基準

脳血管等(Ⅰ)、運動器(Ⅰ)、呼吸器(Ⅰ)の認定を受けています。

スタッフ数

理学療法士 11名、作業療法士 5名、言語聴覚士 3名、助手 1名

リハビリテーション科では、明るくのびのびとリハビリができる環境の中で、患者さまの生活・活動、社会復帰に向け、他部署との連係をとりながら早期よりリハビリを開始します。また、退院後の生活を見据えて家屋調査や住宅改修・サービス調整の提案等も行います。長期のリハビリが必要な場合は、介護老人保健施設希望の苑や訪問サービスセンターみなみと連係をとり、安心・安定した生活・活動へつなげていきます。

理学療法

理学療法

病気やケガで大変となった動作を中心に、身体機能及び動作能力の評価を行い、それぞれの患者さま・ご家族さまの生活状況やご希望に応じた目標に向けて、運動や動作指導ならびに生活環境の提案等を行っています。

作業療法

作業療法

身体機能や認知機能などの改善を目的として、様々な作業活動を用いた治療を行います。評価をもとに、身の回りの生活動作や家事動作の練習・仕事への復帰を目指した練習などを行います。また、状態に応じて自助具や装具を作成します。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

摂食・嚥下機能(飲み込みの機能)、言語機能、音声機能(声の質)、構音機能(発音)や高次脳機能(失語症や注意障害、記憶障害など)に問題をもつ方に対してコミュニケーション能力の改善や生活の質を高めるための専門的なサービスを提供し、患者さまやご家族さまを支援します。

特徴

スポーツリハビリテーション

スポーツ障害について

スポーツによる怪我や痛みで悩んでいませんか?
繰り返し怪我をしたり、痛みがなかなか治まらない方はいませんか?
運動を休む、シップを貼るなどしても治らない経験はありませんか?

痛みには必ず原因があります。
例えば、膝が痛いときは膝自体の問題の他、股関節や体幹の筋力が弱い場合が多いです。
理学療法士はこのような状態を見極め、対応しています。
まずは整形外科を受診し医師にご相談ください。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー
スポーツリハビリテーション
理学療法士
丸山 広樹

日本体育協会公認アスレティックトレーナーとは、日本体育協会が認定しているトレーナーの資格です。役割としては、競技者の健康管理、障害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニングなどスポーツ現場での幅広い対応を行っています。現在全国で2000人程度、群馬県には20数人います。その中で病院に勤務している人は意外と少なく、県内にはアスレティックトレーナーが常勤する病院は数箇所程度しかありません。
私は病院業務の他、病院外活動として、現在は高校サッカー部と県トレセンサッカーチームにトレーナーとして帯同しています。また、県内サッカー・野球大会でのメディカルサポート、高校野球部でのトレーナー活動、群馬県体育協会メディカルチェックを行った経験もあります。
スポーツ現場での活動経験があるからこそ、「怪我を治す」だけではなく「身体を動かしやすくする」「怪我を繰り返さない」ためのサポートが可能です。

インソール(靴の中敷き)作製

こんな悩みを抱えていませんか?

症例
(左)外反母趾、(右)扁平足
  • 長く歩くと膝や足や腰が痛くなる
  • 指が変形していて痛みがでる
  • スポーツをしていて怪我をしやすい
  • 外反母趾・扁平足だと言われた
  • 足にタコができて痛む
  • 歩き方が変だと言われる

このような症状は、普段履いている靴などに原因があるかもしれません!

インソールとは?

靴や足元の環境を整える事で、患部にかかる負担の軽減と変形の予防を目的に行われる治療で使用される道具の1つです。
当院では従来の足型をとって作製する方法ではなく、歩きなどの動きを見て作製する方法で行います。
足の裏から左右のバランスを整えて、根本にある悪い動きを良い動きへ変えることで上記の症状が和らぎ、 姿勢が良くなるなどの効果が期待できます。

対象は?

今まで、変形性膝関節症、外反母趾、開張足、扁平足の方に作製を行いました。 その他には、腰や股関節に症状がでている方に作製した事例もありました。個々で状態や症状が異なる為、まずは整形外科を受診し医師にご相談ください。

どうやって作るの?~作製までの流れ~

初めに整形外科医の診察により、インソールの必要性の有無を判断して頂きます。必要性がある場合は、医師からのリハビリ依頼にてインソールの作成が可能となります。

1. 依頼後はインソールを作製する前に、理学療法士による姿勢や歩き方・足のサイズ測定、靴の評価を行い、作製するための準備を行います。
※サンダル等ではなく普段履かれている靴を用意して下さい。靴の状態に応じて、作製が可能か検討させて頂きます。

インソール(作製説明中)

2. 身体面・靴の評価後、インソールの作成を行います。

インソール(作成後)

3. 作成後は、身体の動きの変化が現われてくる1~2週間程度で、1度チェックさせて頂きます。

インソール(作製説明中)

4. チェック後から2週~1ヶ月程度で再チェックを行い、完成となります。

ESD写真4
フットケアトレーナー
スポーツリハビリテーション
理学療法士
青木 真也

フットケアトレーナーとはNPOオーソティクスソサエティーが認定する資格です。
主な活動として、足と靴が原因で起こる様々なトラブルを医学的根拠に基づき歩くバランスから分析、足に合った正しい靴のフィッティングやインソール(靴の中敷き)の作製によって改善しています。
県内の医療機関でこのような資格をもつスタッフが活躍している場は少ないのが現状です。当院では資格を持つ2名のスタッフが中心となり、足元から患者様の生活を変えるために取り組んでいます。
個人的にはシューフィッター(靴販売店向けの資格)も取得し、より高い技術の提供を目指すとともに、院内外にて足と靴の重要性について講演する機会もいただき、地域へ向けた活動も実施しています。