整形外科

整形外科について

整形オペシーン

整形外科は運動器(骨、関節、筋肉など)を主に扱う診療科です。関節痛や腰痛などの疼痛を主訴とする疾患、一般外傷、交通事故、労働災害、スポーツ障害など四肢の損傷、痛風、関節リウマチ、四肢・脊椎の感染などの炎症性疾患など四肢、脊椎の多岐に及ぶ疾病を診断・治療しています。接骨院とよく混同される方がおられますが、接骨院では診断機器を使用することは制限されていています。また治療は温熱療法、マッサージが主体となり慢性疼痛に対する治療が主となります。一方整形外科ではレントゲン・MRIなどの種々の検査に基づき科学的に病態を把握し、必要な際には手術的治療により積極的に機能の回復・改善が可能です。骨折などの外傷や症状がなかなかよくならない慢性疼痛を有する場合は一度整形外科受診することをお勧めします。

診療内容

四肢、脊椎の痛み、外傷が対象となります。当院では特に高齢者の疾病(大腿骨頸部骨折などの骨折、骨訴訟症、変形性関節症など)、関節外科、スポーツ整形に力をいれて取り組んでおります。

高齢者の骨折

特に下肢骨折では、骨折により動けなくなるとすぐに筋肉の廃用が始まります。ギプスなどの保存療法で治療すると寝たきりとなる確率が高くなります。早期離床させることが非常に重要で、そのためには積極的に手術により骨折を固定し早期離床、早期歩行訓練をさせることが重要です。当院では可能な限り早期に手術をして、術直後より充実したリハビリスタッフよりリハビリ開始して受傷前の生活に戻せるように最大限の努力しております。またソーシャルワーカーの早期介入により円滑な社会復帰できるように、退院前に環境整備を行なっております。

関節外科

変形性膝関節症に対する関節鏡視下手術(図1)や人工関節置換術(図2)を行っています。また水曜、木曜には足の外科専門医である久保田医師が外来診療を行っており、外反母趾などの足部変形に対する専門的診察を受けることができます。

左:半月板が損傷し関節内にひっかかっている。
図1:半月板が損傷し関節内にひっかかっている。
右:これを切除した。
図1:これを切除した。
高度変形膝
図2:高度変形膝
人工膝関節全置換術
図2:人工膝関節全置換術
人工膝関節単顆置換術
図2:人工膝関節単顆置換術

スポーツ整形

特に膝関節疾患については前十字靱帯損傷に対する靭帯再建術、半月板損傷に対する手術(切除術や修復術)、膝蓋骨脱臼に対する膝蓋骨制動術などの外科的治療を行うことができます。
通常手術を必要としない使い過ぎ症候群などの他のスポーツ傷害に対しては、患者様それぞれについて関節の硬さや筋力、バランス能力などを評価し、リハビリスタッフが必要と思われるストレッチや筋力強化訓練などの運動療法を指導します。当院は日本体育協会公認アスレティックトレーナーが在籍しており、早期スポーツ復帰や障害予防のための指導を行っています。またフットケアトレーナーとシューフィッターの資格を持つ理学療法士も在籍しており、患者様の動きに合わせた靴の中敷き(足底板)を作成する足底板治療も積極的に行っており、お気軽に整形外科外来で相談頂ければと思います。