外科

基本方針・理念

  1. 患者さんとのインフォームドコンセント(説明と同意)・術後のQOLなどを重視していきます。
  2. 症例数の多い疾患にはクリニカルパスを導入し、円滑なチーム医療ができるように努めています。
  3. 他の高度医療機関とも交流をはかり、とくに獨協医大・群馬大医学部・群馬県立がんセンター・太田記念病院・国立がんセンターなどと連携を深めています。
  4. 外科症例はすべてNCD(社団法人)に登録し、データベースで管理を行っています。
  5. 消化器内科など他の診療科とも連絡をとっていきます。
  6. 医学会などの提唱するガイドラインなどに沿った診療をしていきます。

診療内容

オペシーン

常勤医師3名・非常勤医師3名が診療にあたっています。外科学会専門医制度関連施設に認定され、消化器・一般外科が中心になっています。なかでも内視鏡外科領域では技術認定を受けた医師が2名おり、内視鏡手術・腹腔鏡下手術・開腹手術を適切に選択し、最善の治療を心がけています。地域柄、高齢の患者さんも多く、術後のリハビリテーション・在宅復帰ケアなどにも注意を払っています。

診療対象疾患と治療内容

  1. 消化器系(胃・大腸疾患など)の診断・治療を行っています。
  2. 胆石・ヘルニア・救急疾患などの一般外科領域にも対処しています。
  3. 高度の診療を必要とする場合は、他の機関を紹介させて頂きます。