泌尿器科

泌尿器科について

泌尿器科は、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)と男性生殖器をおもな対象とした外科系診療科です。
これらの臓器に生じる疾患としては、

  • 腫瘍(腎がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、陰茎がん、精巣がんなど)
  • 尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)
  • 尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎など)
  • 排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁など)
  • 小児では、先天異常(停留精巣など)や包茎、包皮炎などもあります。

高齢化社会を迎え、高齢者の方々の排尿異常(尿閉、頻尿、尿失禁など)が増えています。
脳梗塞や脳出血の後遺症としての排尿障害も増えております。
血尿を契機に、膀胱腫瘍が見つかることも珍しいことではありません。
また、前立腺がん検診の結果、精密検査のために受診される患者さんも増えています。
当科では、以上のような泌尿器科疾患に関して、基本的な診察ができる体制を整え診療を行っております。

診療内容

泌尿器科関連の各種のがんについては、超音波検査、CTなどの画像検査、軟性膀胱鏡検査などを行っております。
がんの手術は、当院では、経尿道的な内視鏡手術が中心です。それ以上の大きな手術が必要となる場合(開腹手術や腹腔鏡手術)は、県立がんセンターなどにご紹介しております。
尿路結石については、膀胱結石は、当院で治療ができます。自然排石の困難な尿管結石や腎結石については、体外衝撃波などの砕石装置のある医療機関へご紹介しております。
排尿障害に関しましては、投薬による治療のほかに、尿道にカテーテルを留置する方法や必要な場合は手術も含めて治療しております。
また、神経因性膀胱による排尿障害に関しては、膀胱機能検査による評価を行っております。