沿革

昭和28年 4月 外科診療所(堀江医院)開設
昭和37年 1月 診療管理棟、病棟建設(鉄筋コンクリート2階建て50床)外科、内科、産婦人科開設
昭和37年 3月 医療法人堀江病院設立認可(県知事)
昭和37年 7月 救急病院の告知(県知事)
昭和42年 5月 診療棟、病棟、厨房棟建設(鉄金コンクリート2階建て85床)
昭和48年 4月 「20年の歩み」発刊(創立20周年)
昭和51年 7月 本館竣工(鉄筋コンクリート5階建141床)
昭和58年 3月 特定医療法人に改組
昭和59年 4月 新館竣工および本館改修(192床)
昭和60年 5月 日本病院会の指定を受け、短期人間ドック事業を開始
昭和63年 10月 群馬県病院厚生年金設立(全職員が加入)
平成元年 4月 「堀江病院35周年誌」発行
平成2年 4月 老人保健施設希望の苑開設。独立型(50床)(老健開設により病院病床10床減。182床)
平成4年 4月 太田市内4病院により、高等看護学院東群馬看護専門学校を設立
平成5年 4月 病院長交代(堀江祐司から堀江健司へ)
平成6年 4月 太田市在宅介護支援センターほりえ開設
平成6年 11月 看護基準制度変更により新看護体系2.5:1B、看補10:1に移行承認
平成7年 4月 ホームヘルプサービス事業開始
平成7年 6月 新看護体系2.5:1A、看補10:1に移行
平成7年 7月 病床数6床増加が許可(188床)
平成8年 1月 太田市みなみ訪問看護ステーション開設許可
平成8年 4月 老人保健施設増床(痴呆加算棟50床新設)、計100床
平成9年 4月 中期経営計画開始
平成11年 4月 三省会地域リハビリテーション開設
平成11年 6月 (財)日本医療機能評価機構より認定証取得
平成12年 4月 訪問看護と訪問介護を統一し訪問サービスセンターみなみと改称
平成13年 11月 新棟竣工、12日オープン。引き続き旧棟の改修工事開始
平成13年 12月 第11回群馬県老人保健施設太田大会が希望の苑を幹事病院として1.2両日、太田市民会館にて開催
平成14年 4月 旧棟改修完了 医療型療養病床35床稼働開始(一般153、療養35)
平成15年 4月 創立50周年
平成15年 6月 三省会地域リハビリテーション閉所
平成15年 7月 Ⅰ群一般病棟入院基本料Ⅰ受理(2:1看護、21日以内)
平成16年 9月 (財)日本医療機能評価機構より更新認定証取得
平成17年 5月 総合リハビリテーション(A)施設受理(再取得)
平成17年 7-9月 希望の苑改修工事
平成17年 10月 介護報酬の改定(マイナス4%。食費・居住費が全額自己負担となる)
平成18年 1月 療養病床35床から52床に増床。それに伴い一般病床136床となる
平成18年 4月 診療報酬、介護報酬の同時改定(診療報酬・マイナス3.16%。介護報酬・マイナス0.5%)一般入院基本料2:1から10:1に名称変更
平成19年 4月 第5次医療法改正
平成20年 4月 診療報酬改訂(マイナス0.82%)
平成20年 11月 理事長 堀江祐司が瑞宝双光章を受章
平成21年 4月 介護報酬(プラス3%)改定
平成21年 9月 介護付有料老人ホームラッパーズ太田開設
平成25年 11月 本館免震棟竣工
平成27年 4月 太田市より沢野地域包括支援センター業務を委託