院長挨拶

患者さん第一の温かい病院を

理事長兼院長 堀江健司
理事長・院長 堀江健司

 当院は、1953年に外科の診療所として父(前理事長)が開設した病院です。スタート段階から医療はもちろん、福祉にも力を入れており、当院の使命として掲げている「地域において安心できる医療と福祉の提供」は現在にいたるまで脈々と受け継がれています。
 太田市の救急指定病院にも指定されており、数多くの救急医療のニーズに対応しています。また最近は高齢化や社会状況の変化によって、脳血管や心療内科の疾患も多くなってきました。
 当院は中規模の病院ですが、伝統的に先進医療を積極的に取り入れようという意識が強い病院です。たとえば私の専門でもある消化器外科は、内視鏡的処置・内視鏡下手術を早くから実施。それによって、患者様のQOLも向上しました。
 病院が地域に果たす役割はいろいろありますが、救急医療はその最も重要なものの一つ。当院も2次救急の指定病院として、太田・館林医療圏における救急の中核的な役割を担っています。それには単に任された患者様を受け入れるだけでなく、地域の病診連携を率先して推進させることが大切。私自身、できる限り病診連携室の担当者に同行し、周辺の医療機関の担当者に会い、状況説明や意見交換を行っています。各医療機関の尽力もあり、おかげで、この地域の病診連携はかなり整備されてきました。
 医師にとって当院が働きやすい病院であるのは間違いありません。診療科によっては偏っているところもありますが、全体的にはいろいろな大学の出身者によって構成されており、学閥とか医局の垣根といったものとは無縁ですし、診療科間の風通しも良好です。ただ、日常的に所属診療科以外の職員と交流できる機会は限られているため、誰かとすれ違ったら必ずあいさつを交わすといった意識付けを徹底しています。「サービスの向上には職員間のコミュニケーションが不可欠」という認識はかなり浸透してきました。
 将来のビジョンとしては、現在行っている健診事業をさらに推し進め、病気の予防・早期発見、急性期医療、療養、回復期のリハビリテーションなど、体に関するあらゆる問題をカバーできるトータルな医療機関としてさらに発展させたいと考えています。

医療法人三省会 堀江病院  
理事長・院長 堀江健司